それぞれの空~遠く離れれても届くはず~

ブログ8年やっております。

年間大賞

2005年度を振り返って一人ひとりに名場面と衣緒から賞を贈ります。
今日はスチームナイツをやりたいと思います。
バーンズ 勇気
「主役で頑張ったで賞」…舞台裏映像で練習中に流した涙は感動しました。
途中、熱がでたりしてダウンもあったけど、最後まで主役をやりとおした勇気に拍手です。
篠原 愛実
「イルカにのれたで賞」…天てれミッションで初めはイルカと仲良くなれなかったけど、遊んでいるうちに仲良くなれたのはよかった。その時に見せた笑顔は輝いていた。
高橋 郁哉
「元祖紙フトアスリート賞」…無敗の王ゴリオッシュとして頑張っていたが。1stステージでは、K−2へ。でも3rdステージでは全勝して優勝の座を手に入れた所は勇敢でした。
木内 江莉
「リーダー賞」…一輪車部をよくまとめていたよね。コーチにいろいろ言われたり苦労した所はたくさんあるけど、最後まで誇りを持って勤めることができましたね。
大木 梓彩
「スピン賞」…梓彩といえばスポーツ抜群なイメージもあるのですが、一番印象に残ったのは、一輪車のスピンですね。何回も練習に打ち込んでたしね。木生でやってくれた時はかっこよかったです。
千秋 レイシー
「餃子大好き賞」…羅夢と一緒にやったおせんべい作りで千秋は餃子せんべいを作った。
面白い発想だなと思いました。夏イベでは餃子缶詰持参してた所は笑えました。
一木 有海
「自転車に乗れたで賞」…小6で自転車に乗れないとはびっくりしました。それなのに一輪車に乗ろうとするチャレンジ精神は凄い。一輪車の乗りも凄く上達したしね。
藤本 七海
「負けず嫌い賞」…七海といえば、負けず嫌いだなと思う名場面が多々ありましたね。その中でも紙フトは頑張ってたんじゃないかな。泣くほど強くなるってね。
細田 羅夢
「熱烈賞」…ドラマの役には印象的。「一度もきれたことない」というセリフは面白かった。ミロクとはライバル意識してたし。あとおせんべい作りの時も印象深い。
小関 裕太
「のほほん賞」…ドラマの役ではのほほんとしてる事が多く。癒し系でしたね。そういえば裕太が怒った姿見たことない気がする。あとカラスの鳴きまねは上手い。
千葉 一磨
「マイペース賞」…バルーンアートの時は大技も何回も練習し諦めることなく本番では1回限りの成功。あとかずまダンス面白い。滅多に見れなかったから今思えばレアだな〜。
加藤 ジーナ
「元気っこで賞」…名言「カタカタピー」から「ハーフミニッショー」など面白い発言をするジーナ。新人トークの時は、息継ぎもせず話すジーナには可愛かったな。