それぞれの空~遠く離れれても届くはず~

ブログ8年やっております。

1月30日放送

遅くなりました。書いてなかったのでようやくUP
「銭湯クマグス
健君「あれじゃないの。やらしいなんか。」なにを想像してるんだ?!!
長野さん「銭湯減って来てるよね。」確かに。
イノッチ「ジムとかお風呂入れちゃう」
クマグスさん「30年で3000件ぐらいですね。」結構回ってるんだね。
・現在は6000件
・最盛期は22000件
クマグスさんは5年間銭湯の掃除のアルバイトしてた。
・昔の銭湯は蒸し風呂だった。
・江戸時代の混浴事情
関西は混浴
イノッチ「わードキドキするなー。」
健「由美かおるさんみたいな人が…」
・実際の銭湯は暗い。お湯は膝まで。
・2階がサロン
・湯女
・坂本君「何のクマグスか分からないじゃん」その通り。
・背中を流す職業「三助さん」
クマグスさん「日本で一人」
長野さん「まさかまさか先生」いくらなんでもそうだったらビックリですよ。
剛君「絶対嫌でしょ!この人」
*全国のおすすめ銭湯紹介*
・入浴=ニューヨークね。
坂本君「森田さん注意してあげて」むむっ、何を注意するかつかめてない。
*銭湯巡りの旅*
・ペンキ絵は東京付近だけ。そうなんだ。
・わぁお、職人さん凄いね。細かく仕上げて行くところは芸術だな。
個性的なペンキ絵
・赤富士いいね。
「あなたにとって銭湯とは?」
極楽浄土の入口
〜EDトーク〜
Q.昔呼ばれていたあだ名は?
イノッチ「今の時点でさあだ名で呼ばれているの俺ぐらいじゃねぇ。」
長野さん「そうだな。」
坂本君「そうだね。」
剛君「でも俺、六人の仕事じゃないところでは、一人の現場では、殿って呼ばれてるから!」
イノッチ「え゛ー」
健君「まじでー」
剛君「すみません」
イノッチ「こいつ」
長野さん「バカ殿?バカ殿?」
健君「バカがつく。」
剛君「裏ではそう呼ばれてる。」
イノッチ「健は?」呼び捨てでふるなんて珍しい。
健君「近所のマイセンのおじさんは俺のこと若と呼ぶ」健君嬉しそう。
長野さん「殿と若がいる。」
イノッチ「お前らなんだよ。気持ち悪りぃな。」
健君「行くと若って」
イノッチ「どんだけ、マイセン通ってるんだ、お前。」
イノッチ「でもさー同窓会とか行きますか?」
長野さん「行ったことないなー。」
岡田君「最近ちょうど幼稚園の同窓会が」
剛君「まじでー。」
イノッチ「それ、凄くねぇ。」
岡田君「まだ行ってないんですよ。だから、それを行こうかな」
イノッチ「えっ!行くの?」
岡田君「行けたら」右手を口のところにあてる仕草はセクシー。
剛君「この前、長野君の中学か高校の時の同級生なんですけどって急に言われて街で、名刺もらって、見たらほんと普通のじじいだったよ。」
長野さん、笑い。